FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】継続的なテーマとしての省エネ 

WEBサイト更新情報


  • e-LEARNINGを掲載
    第2回目のテーマは「圧縮方式【beginner】」です。前回の「圧縮空気と目的」をまだご覧になってない方は、第1回を先にご覧頂くことで更に理解が深まると思います。どうぞご活用ください。


  • e-LEARNINGメニュー

mm_e-learning1

e-LEARNINGは、導入編の【beginner】中級編の【intermediate】上級編の【advance】にレベルを分け、それぞれテーマ別の解説・重要ポイントを展開いたします。その過程で理解度テストも用意する予定です。

 第2回 圧縮方式 【beginner】


便利機能の紹介

継続的なテーマとしての省エネ

コンプレッサに定期的なメンテナンスが必要なように、省エネ活動にも”メンテナンス”という考え方をお勧めします。省エネ活動の一例として次のものがあります。

 ・コンプレッサをINV機や水潤滑式等の省エネ・高効率モデルへ更新
 ・コンプレッサの台数制御化
 ・圧縮空気使用の改善

上記の様な省エネ対策後、恐らく省エネ効果を実感されていることと思います。しかし何年か経過すると、効果が落ち着いてしまったり、実際効果が出ているのかさえも曖昧になっていませんか?

コンプレッサの省エネは本当に対策済みなのでしょうか!?
→答えはコチラよりお試しください。(コンプレッサ省エネ初期診断)

省エネ活動は短期ではなく、効果の監視や設備のメンテナンス等を含めた長期的計画で考えることをお勧めします。
その中で活動計画のメンテナンス(見直し)を繰り返しながら、省エネ活動をすることで継続的に効果を望むことができると思います。


お知らせ

産業廃棄物管理票(マニフェスト票)の報告が義務化!平成20年6月30日までに必要です。

平成18年7月26日の改正省令(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部を改正する省令)により、これまでは猶予されていた「マニフェスト票に関する報告書作成と都道府県知事等に提出」が義務化となりました。

初年度は平成20年6月30日までに、平成19年4月1日~平成20年3月31日までの1年間において交付したマニフェスト票の交付等の状況(産業廃棄物の種類及び排出量、マニフェスト票の交付枚数等)に関し、所定様式に報告書を作成し、管轄の都道府県知事等に提出しなければなりません。

詳しくはコチラをご確認ください。(環境省資料)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。