FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】コンプレッサを保護!落雷等による停電・瞬停対策 

WEBサイト更新情報


  • e-LEARNING 【beginner】を更新しました (2009/5/8)
    空気圧縮機を購入・販売する前に注意する点をまとめています。ポイントを抑えてトラブルを防止!


  • テスト


mm_e-learning1

e-LEARNING for ISO【intermediate】では、これからISO認証取得を目指す企業・B社の現場担当者にアプローチした内容でISOを学びます。

  第2回 「ISO14001認証取得活動スタート~環境管理責任者の役割~」 【intermediate】

ISO14001を認証取得されていない又は担当されていない方へ
取引先や社内がどのような段取りでISO14001認証取得をしているのか、分かりやすく学ぶことができます。


便利機能の紹介

コンプレッサを保護!落雷等による停電・瞬停対策

これからの季節は、落雷等によるコンプレッサの瞬停・停電が予想されます。
(山間部や日本海側は、季節を問わず落雷が多発する地域ですので、特に注意が必要です)

停止直後のコンプレッサや冷凍式ドライヤのガス回路には「内圧(残圧)」が残ります。
内圧が残っている状態で起動(残圧起動)すると、過負荷(過電流)となり異常停止を誘発する原因になります。
残圧起動を無くすためには、停止してからの起動待ち時間が必要です。

落雷等による予期せぬ停電や瞬停で、慌ててコンプレッサの運転ボタンを押しに行っていませんか?

遠方に設置したコンプレッサの自動的復帰(再起動)にお勧めします。

復電の際、コンプレッサを安全で確実に再起動する装置『復電再起動盤 EC-ARS』

EC-ARSは停電前にコンプレッサが運転していたかを記憶。復電後、起動待機時間経過後に自動的にコンプレッサを再起動する制御盤です。


お知らせ

お詫び

前回のメールニュース「コンプレッサの火災予防」内に誤りがありました。

「便利機能の紹介」にて絶縁のチェックポイントとして、以下を紹介しました。
絶縁が1MΩ未満の場合、運転不可・焼損の可能性が大。

メールニュース送信時は、「1MΩ」が「10MΩ」になっておりました。
訂正してお詫び致します。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。