スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】ノルマル換算の計算機 

トピック

ノルマル換算の計算機

前回のメールニュースにてご案内しました、ドレイン発生量の計算機が好評につき、続きましてノルマル換算の計算機を作成しました。

空気圧縮機のカタログ等では、次のように吐出量を吸気状態で記述しています。
温度20℃、湿度65%、気圧(絶対圧力)760mmHg

逆に設備側の仕様には、ノルマル表記の場合が多く見受けられます。
ノルマルは基準状態で温度0℃、湿度0%、気圧760mmHg の状態での空気量を言います。

吸い込む空気の温度や湿度が上げれば、ノルマル空気量は下がります。

空気圧縮機選定の際、カタログに記載している値からノルマル換算し、設備側の仕様に合わせたとしても実際の設備環境の温度や湿度が高い場合は能力不足になる場合があります。

また、出荷時にカタログ値の±5%の誤差が生じることがありますので、最低でも吸い込み状態の5%は少なくしてからノルマル換算し、検討する必要があります。

この計算機をご利用いただき、検証や機種選定等にお役立ていただければ幸いです。


ノルマル換算の計算

※携帯電話で読み取りができない場合もしくはパソコンで携帯サイトをご覧になりたい場合は、パソコンから携帯サイトを閲覧することができますので、ホームページの上にあるQRコードをクリックしてください。すると携帯サイトが表示されます。一覧より「ノルマル換算の計算」を選択してください。


お知らせ


ホームページ更新情報

パソコン版の「ドレイン発生量計算」を作成しました(2011/8/3)


アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。