FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】復電再起動盤「EC-ARS」 

WEBサイト更新情報


  • 復電再起動盤「EC-ARS」を公開。(2008/3/4)
    接続しているコンプレッサやドライヤーなどの瞬停や停電による停止を感知し、復電後自動的に残圧起動防止を行い再起動させる制御盤です。仕様・詳細ページを公開しました。


  • コベルコ・コンプレッサ水潤滑オイルフリー機「Emeraude-Aqua」新登場(2008/3/6)
    コベルコ・コンプレッサより水潤滑でインバータ制御のオイルフリーコンプレッサが登場しました。
    データベースに仕様書を公開しました。


  • データベースのTOPを更新(2008/03/07)
    データベースに掲載している資料の分類について説明を追加しました。お探しの資料が見つかりやすくなりました。


  • e-LEARNINGを開始
    弊社の取り扱い製品や保全・サービスを中心とした、e-LEARNINGを始めました。コンプレッサ・省エネ・環境・ISO・コンプライアンスなどをテーマとした社員教育教材としてご活用下さい。

e-LEARNING


e-LEARNING

e-LEARNINGは、導入編の【beginner】中級編の【intermediate】上級編の【advance】にレベルを分け、それぞれテーマ別の解説・重要ポイントを展開いたします。その過程で理解度テストも用意する予定です。

 第1回 圧縮空気と目的 【beginner】


便利機能の紹介

機器を護る!復電再起動盤<EC-ARS>

コンプレッサや冷凍機などは、停止すると一定の起動待ち時間を必要とします。すぐに再起動すると、残圧が影響することで機器を痛めてしまう危険性があるからです。

  • 機器を護る
    残圧起動防止をせずに強制的に運転すると、致命的な損傷を与えて機械の寿命を短くする原因に。
    みぎ詳細


  • 落雷が多い地域には特に必要な設備
    山間部や日本海側など落雷が多い地域には、特に必要な設備です。
    みぎ理由

EC-ARSとは
コンプレッサや冷凍機など停止後に一定の起動待ち時間が必要な機器の"自動再起動"を目的とした外部取付タイプの制御盤です。制御盤も停電時は停止しますが、機器の瞬停・停電前の運転を記憶しているため、復電後に残圧起動防止処理を行い、自動的に接続機器を再起動させます。

※本製品はUPS(無停電装置)とは異なり、また内蔵もしておりませんので停電中に機器を再起動するものではありません。

仕様・詳細はコチラから。


お知らせ

ベースライン・アンド・クレジット

排出権取引には「キャップ・アンド・トレード」と「ベースライン・アンド・クレジット」の2種類があります。(排出権取引とキャップ・アンド・トレードについては前回のメールニュースをご参照ください。)

  • ベースライン・アンド・クレジットとは
    あるプロジェクトや事業が実施された場合、それらが実施されなかった場合に排出されたと予想される量(ベースライン)と比べて、削減された分の排出削減量をクレジット(排出権)として認定し、取引をする方法です。代表的なものとして、クリーン開発メカニズム(通称CDM)が、ベースライン・アンド・クレジットに該当します。
    ベースライン・アンド・クレジット

  • クリーン開発メカニズム(CDM)とは
    先進国と開発途上国が共同で温室効果ガス削減プロジェクトを開発途上国において実施し、そこで生じた削減分の一部を先進刻がクレジット(排出権)として得て、自国の削減に充当できる仕組み。

ベースライン・アンド・クレジットは、キャップ・アンド・トレードのように排出枠がないため、削減すればするほどクレジット(排出権)をもらうことができます。しかしベースラインの設定が難しく、排出削減量の把握に多大なコストがかかるという問題もあります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iticomp.blog91.fc2.com/tb.php/23-b30ad22c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。