FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】最近のコンプレッサ事情 

トピック

最近のコンプレッサ事情

コンプレッサメーカーの最近の情報を客観的にまとめました。
※今回は、アネスト岩田社、日立産機システム社、北越工業社、三井精機工業社の情報を紹介します。(50音順)

 アネスト岩田
小型オイルフリーブースターコンプレッサEFBSシリーズが、第30回 優秀省エネルギー表彰 日本機械工業連合会会長賞を受賞しました。

 日立産機システム
2009年7月頃からオイルフリースクロールコンプレッサSRLシリーズがマルチドライブモードを搭載しています。これは、複数の圧縮機とモーターのセットを内部で台数制御する方式です。この他、0.4kW、0.75kW等の小型オイルフリーブースターベビコンも追加でラインナップしているようです(日刊工業新聞掲載情報。)

 北越工業
屋外設置型はSMSシリーズを主力とし拡販に力を入れ、また屋内設置型はSAS4SD-A、SAS6SD-A、SAS8SD-A、SAS11SD-Aなどのシリーズ化を進めています。

 三井精機工業
22kWと37kWの給油式スクリューコンプレッサのインバータ機が全面モデルチェンジを行い、発売を開始しました。


この他、新しい情報などは、随時メールニュース及びHPで公開致します。


お知らせ

 e-LEARNING【beginner】を更新しました(2010/4/22) 【WEBサイト更新情報】
「空気圧縮機の仕様表」の入手方法や見方、注意点等について学習します。

 5月連休の休業日について
5/1(土)~5/5(水)までを休業とさせていただきます。

 5月連休明けの省エネ診断測定を受付けています
5月以降の測定が殺到する可能性がありますので、お早めにお申し込みください。
省エネ初期診断はこちらから。


アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iticomp.blog91.fc2.com/tb.php/51-4fe73b73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。