スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】CO2国内排出量取引制度の今 

トピック

CO2国内排出量取引制度の今

今回は近い将来導入される可能性が高い、国内排出量取引制度について紹介します。


 (以下、日刊工業新聞 2010.7.30 の記事を一部引用)

現在、政府はキャップ・アンド・トレード(C&T)と呼ばれる排出量取引の仕組みを検討している。

排出削減期間を定めた上で対象となる部門全体の排出上限量(キャップ)を決め、その範囲内で企業ごとや事業所ごとに排出枠(排出しても良い量)を割り当てる。
実際の排出量が排出枠を下回れば目標達成で、逆に上回れば目標未達成となり、罰金などのペナルティーが科される。企業は目標達成のために省エネルギー設備や再生可能エネルギーを導入し、排出枠の範囲内にCO2排出量を抑える必要がある。続きへ


お知らせ

北陸・東北地方のFC店・協力会社を募集

北陸・東北地方のFC店及び協力工事会社を募集しております。
「コンプレッサ設置に関する各種工事の施工・管理ができること」を条件としています。

ご紹介いただける方、ご興味をお持ちの方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iticomp.blog91.fc2.com/tb.php/57-68f54f46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。