スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】地球温暖化対策税の導入 

トピック

地球温暖化対策税の導入

地球温暖化の大きな原因となっている温室効果ガスの内、大部分を占めるのは化石燃料をエネルギーとして使うときに排出される二酸化炭素(以下CO2と略)です。

そのCO2排出量削減のため、10月1日より「地球温暖化対策税」が段階的に施行されました(急激な負担増を避けるため3年半をかけて3段階で引き上げられます。)

これは、石油・天然ガス・石炭といった全ての化石燃料の利用に対し、CO2排出量に応じて広く公平に負担を求めるものであり、全化石燃料に対してCO2排出量1トン当たり289円の税率が設定されています。


地球温暖化税

「地球温暖化対策のための税」について(出典:環境省)


この税導入による負担は、電気・ガスの使用量や自動車の使用頻度等によって違ってきますが、
家庭のエネルギー使用量をベースにすると一世帯当たり1か月平均は約100円程度になると試算されています(最終段階の税率となる平成28年4月1日以降)。 

税収は、中小企業向けの省エネ設備導入支援等の省エネ対策強化や次世代の蓄電池技術開発、地方の特性に合わせた再生可能エネルギー導入推進等に活用されます。

上記のような補助金制度も活用しつつ、省エネ活動を推進し、エネルギー使用量を控えCO2排出抑制をしていくことが不可欠です。


弊社では空気圧縮機、ブロワ、チラー、エアコン、ポンプなどの流体発生設備を中心とした省エネ・環境改善対策を総合的に提案しております。      

省エネの可能性は、無料初期診断にて承りますので、お気軽にお申込みください。


お知らせ

補助制御盤【EC-ISU】の発売開始!(2012年9月1日)

EC-ISUは、停電による復電再起動と冬場における凍結防止運転のサポート制御を行う補助制御盤です。
空気圧縮機に取り付けて使用します。

EC-ISU

   補助制御盤【EC-ISU】の詳細ページ


創業15周年を迎えます!

アイティーアイ・コンプレッサ株式会社は、おかげをもちまして2012年11月1日で創業15周年を迎えます。

アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 沿革

これからも精進して参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。



アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iticomp.blog91.fc2.com/tb.php/81-66b1d6ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。