スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EXpress-Mail News】エアコンプレッサにおける省エネ技術 

トピック

エアコンプレッサにおける省エネ技術

エアコンプレッサ(空気圧縮機)の消費電力は一般工場・事業場において20-30%を占め、さらに日本の総電力の5%にも及ぶと言われています。

昨今の節電対策や省エネ法等の規制の中、その省エネ化推進は注目されますが、先日4月19日付日刊工業新聞にてコンプレッサの製品と技術動向の記事が掲載されていましたので紹介します。

日刊工業新聞_4.19

(画像の拡大はこちらをクリックしてください)


「エアコンプレッサにおける省エネ技術」  (日刊工業新聞より一部抜粋)

コンプレッサは主に電動機によって圧縮機本体を駆動して圧縮空気を生成します。
 (圧縮空気の圧縮方式については、弊社web内 e-LEARNING【圧縮方式】もご参照ください)

コンプレッサの省エネとは、この電動機の消費電力を削減することであり、そのためには以下の対策が挙げられます。

  高効率電動機の採用
  インバータの搭載
  メカニカルロス削減
  低負荷時の省エネ制御

・・・続きは記事をご参照ください。

また、同記事には「コンプレッサ特集」として有力メーカーの最近の製品・技術が紹介されていますので参考資料としてご利用ください。


お知らせ

少量危険物・指定数量危険物の取り扱い基準について資料を更新

一般的にコンプレッサオイル等は「第四類第四石油類」に属し、消防法で規制する「危険物」扱いとなります。

その貯蔵方法、取り扱い、運搬に関する注意事項等の資料を掲載していましたが、保管場所における貯蔵量により届出が必要になります。

そのポイントについて情報を追記しましたのでお知らせします。
資料はデータベース内「消防法」をご参照ください。


アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

【EXpress-Mail News】二酸化炭素排出係数の最新版 

トピック

二酸化炭素排出係数の最新版

地球温暖化対策推進法に基づいた「電気事業者別排出係数」が1月17日に公表されました。
平成22年度の実績を基にした今回のものが現在の最新版となります。

(電気事業者別排出係数は、経済産業省及び環境省が年度(4月1日から翌年3月31日まで)ごとに集計し、毎年12月末ごろに公表されています。)

電気の使用に伴う二酸化炭素排出量は、表中の実排出係数を用いて算出します。

二酸化炭素排出係数(2010年度実績)
(画像の拡大は、出典のリンクをクリックしてください)

出典:環境省 電気事業者別のCO2排出係数(2010年度実績)(平成24年1月17日公表)


お知らせ

省エネ無料診断エリアを増強

現地協力会社及び測定器の増強により、省エネ無料診断対応エリアを増強しました。
山口県、広島県、新潟県が強化エリアです。

省エネ無料診断は、こちらのフォームよりお申込みいただけます。



アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

【EXpress-Mail News】空気圧縮機の流量計算 

トピック

空気圧縮機の流量計算

空気圧縮機の機種選定や省エネをする上で、既存空気圧縮機の能力を知ることは重要です。
そのためには空気圧縮機毎に流量計を取り付ける方法が確実ですが、流量計や取付工事など費用面が問題となることが多いと思います。

そこで費用をかけずに空気圧縮機でタンクを昇圧する時間を測定し、タンクの容量から流量を算出する方法をご紹介します。

今回はタンクの昇圧時間から流量を計算するソフトを公開しました。
携帯版、スマホ版、パソコン版をそれぞれ用意しましたので、是非ご活用ください。


 パソコン版 「空気圧縮機 流量計算」 (クリックすると画面が開きます)

 流量計算


 携帯版 (QRコードを読み取り、表示されたURLをクリックしてください)
流量計算QRコード http://www.iticomp.com/i/flowmeter/index.php


 スマホ版 (QRコードを読み取り、表示されたURLをクリックしてください)
sp用  http://www.iticomp.com/sp/flowmeter/


お知らせ

コンプレッサ作業履歴WEB閲覧サービス「報告書 on demand」

前回のメールニュースでもご案内しましたが「報告書 on demand」は、コンプレッサ販売店様及びエンドユーザー様向けのサービスで、弊社にて納入試運転、整備及び修理をさせていただきましたコンプレッサの作業履歴をWEBで閲覧するサービスです。

 報告書 on demand サンプルページ

ご利用いただくには会員専用サイトにログインをするためのIDとパスワードが必要になります。
お申し込みはフォームより承っておりますので、宜しくお願い致します。

 報告書 on demand 申込みフォーム



アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

【EXpress-Mail News】コンプレッサ作業履歴WEB閲覧サービス「報告書on demand」開始のご案内 

トピック

コンプレッサ作業履歴WEB閲覧サービス「報告書 on demand」開始のご案内

弊社にて納入試運転、整備及び修理をさせていただきましたコンプレッサの作業履歴をWEBで閲覧するサービスを開始致しました。エンドユーザー様別に機種・シリアル番号と作業日及び作業内容を確認することができます。

※コンプレッサ販売店様及びエンドユーザー様向けのサービスです。

on demand


このサービスを利用するには、会員専用サイトにログインをしていただく必要があります。
事前にIDとパスワード発行の申し込みが必要となりますので、こちらよりお申込みください。

報告書 on demandの申し込みフォーム


後日、IDとパスワードをご連絡致します。来年1月中旬よりサービスを開始予定です。


お知らせ

年末年始の休業日について

弊社では、年末年始の休業日を次の通りにさせていただいております。
2011年12月29日(木) - 2012年 1月 4日 (水)

2012年1月5日(木)より、営業を開始させていただきますので宜しくお願い申し上げます。


アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

【EXpress-Mail News】コンプレッサ仕様比較用資料第三弾 

トピック

コンプレッサ仕様比較用資料第三弾

今回、コベルコ社製のVS・VX・SGシリーズの22kWと37kWにモデルチェンジがありましたので、旧型機及び他メーカーの同等クラス機の資料をまとめました(全部で4つの表に分けています。)

コンプレッサ比較用資料

37kWクラス(空冷・オイルインジェクション・インバータ仕様)

22kWクラス(空冷・オイルインジェクション・インバータ仕様)

37kWクラス(空冷・オイルインジェクション・標準仕様)

22kWクラス(空冷・オイルインジェクション・標準仕様)

※メーカーの仕様表を参考にして作成しておりますが、万一誤り等がございましたらご指摘ください。速やかに修正致します。


お知らせ

年末年始の休業日について

弊社では、年末年始の休業日を次の通りにさせていただきます。
2011年12月29日(木) - 2012年 1月 4日 (水)

2012年1月5日(木)より、営業を開始させていただきますので宜しくお願い申し上げます。


アイティーアイ・コンプレッサ株式会社 TOPへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。